PEOPLE 社員紹介

採用担当【比嘉千晴】(2017年新卒)

2017年入社
採用担当
比嘉 千晴 CHIHARU HIGA

-どんなお仕事をされていますか?

経営企画室という部署で人材を採用するお仕事をしています。
いえらぶは「IT×住」の分野で新しいサービスを提供しているベンチャー企業です。今まで世の中になかったものを作り出しているため、やりたいこととやらなきゃいけないことが山ほどあります。その為、このサービスを一緒に盛り上げてくれる仲間を増やしていく必要があるわけですね。
各部署求めている人材が異なるため、新卒採用はもちろんのこと、中途採用、アルバイト採用も行っています。具体的な業務内容としては、採用計画、求人内容の作成、イベント参加、採用媒体の運用、説明会の実施、面接、内定後のサポートなど、募集から入社までの一連の流れになります。
就活生の皆さんが、初めて会ういえらぶ琉球の社員が私になるはずです!(多分)以後お見知りおきを!

スタッフ画像

-入社してすぐに採用担当になったそうですが、やりがいはどんな所にあったのか教えてください。

自分の成長を感じた時です。
高校・大学と特に大きな挫折経験もなく進んできた私は、自分ではそこそこ何でもできるタイプだと思っていました。
ところがどっこい、働き始めたら何にもできないポンコツだったんです。
例えば、面接の時間を間違えて伝えてしまったり。面接担当者への依頼を忘れてしまったりなど。(正直、まだ笑い飛ばせるようにはなっていないのですが汗)
周りの方には大変なご迷惑をおかけしましたが、そんな調子だったので、入社当時は自分の成長こそが仕事を楽しくする方法だったんですよね。
特に思い出に残っているのが、初めて合同説明会で登壇させてもらった時のことです。上司には何度も練習を見ていただき、部署の方にも励ましていただいて、どうにか本番を迎えることができました。
もちろん、説明することが目的ではなく、聞いている方に興味を持ってもらうことが目的ですので、常に試行錯誤しています。
ここ1年は、私が面接で関わった方が入社して活躍している事も多く、楽しそうに働く姿を見ることもやりがいに繋がっていますよ!

-いえらぶ琉球にはどんな人があっていると思いますか?

諦めない人が向いていると思います。
いえらぶ琉球は、会社も社員も若く、経験豊富な人たちばかりいるという訳ではありません。ほとんどが新しい挑戦なので、失敗することも多いんですよね。
私の経験を例に挙げると、求人募集を出すことすら挑戦でした。最初は何をどう書いていいのかわからず、ハローワークに何度も電話をして確認してもらいましたし、求人内容が完成しても、求めている人材とマッチしない方からの応募ばかりで、採用に苦戦する時期がありました。しかし、内容を改善していくことで、少しずつマッチする人材を採用できるようになってきたんです。
いえらぶ琉球は、大手企業に比べて制度や仕組みが確定されているわけではありません。言わば、常にもっといい方法が無いか探しているような状態です。
だからこそ、諦めないで課題を地道に解決していける人が向いていると思っています。
私もよく諦めてしまいそうになるので、偉そうには言えないのですが、いえらぶに興味を持ってくださっている方の参考になれば幸いです。

RECRUIT INFORMATION エントリーしたい!

PAGETOP