PEOPLE 社員紹介

WEBデザイナー/コーダー【大城和哉】(2017年新卒)

2017年入社
Webデザイナー/コーダー
大城 和哉 KAZUYA OSHIRO

-どんなお仕事をされていますか?

不動産会社様向けに、ホームページの制作から運用までを行っています。私の所属しているチームは、ホームページ制作課の中でも主に「運用」を担当しているので、新規のホームページを一からつくるというよりは、既にあるホームページに追加で手を加えることが多いですね。少し具体的にお伝えすると、文言修正やリンク修正、バナー制作やページ追加制作などです。
今の時代、どの分野でもWEB集客は欠かせないものとなりました。IT化が遅れていると言われていた不動産業界にとっても同じことが言えます。WEB集客のお手伝いをするためにホームページがあるわけですね。その為ただの会社紹介サイトではなく「お問い合わせのくるサイト」作りを心がけています。
そうすることで不動産会社様がお客様対応に専念できるようになり、お部屋探しをしている人たちが理想のお部屋を見つけられる世の中になると思っています。
かっこつけてる感じになるかもしれませんが、ホームページ制作を通して住業界を変え、世の中に幸せな人を増やす仕事をしていると思っています。

スタッフ画像

-大学時代は今の業務内容と全く関係ない分野の研究をしていたと聞きました。何をされていたんですか?

琉球大学(理学部 物質地球科学科 地学系)で主に地学系の研究をしていました。研究内容は、岩石に含まれている成分を測定し「ヒマラヤ山脈がどのように形成されたのか」を明らかにするというテーマです。実際にネパールに渡りヒマラヤ山脈の地層を観察して回ったことは、大学生活を通して特に印象に残っています。(その時に進めた研究を学会で発表することになったそうで、ついこの前教授が連絡をくれました笑)
正直、大学時代の専門的知識が今の仕事に活きているとは思いません。そりゃそうですよね。毎日ハンマーを持って石を叩いていた生活が、PCのマウスを持つかキーボードを叩く生活に変わったんですから。しかし、世界中の誰もがわからないことを突き詰めて考えたり、新しいことに挑戦した経験は今働いている上で活きていると思っています。

-全くの未経験でWEBデザイナーとしてのキャリアをスタートして、大変だったこと、やりがいなどなんですか?

正直想像以上に大変でした!当たり前ですが、未経験なので知識や技術が実務に追いつかなかったんです。丸一日かけてかけて作ったバナーが没になって案件自体を上司に引き取ってもらったり、コーディングしようにも謎の文字列を前に固まってしまったりということも度々…。
新人あるあるだと思いますが、知識や技術がない時期は大変です。しかし実力不足の中でも、試行錯誤して制作したホームページが公開されたときは友達に自慢しましたし、お客様から喜びの声を頂くと頑張ってよかったなと思えました。
自分の作ったものが誰かの役に立つ、喜んでもらえるということがやりがいになっています。また、ホームページ制作のお仕事をして面白いと感じていることのひとつに「自分の成長がわかりやすい」という点があります。コード一つでも、デザインでも、新しい知識(情報)を取り入れさえすれば、昨日出来なかったことが今日は出来るようになっているんです。
今後も情報のアップデートを怠らず、お客様と世の中のためになるホームページを作っていきます。

RECRUIT INFORMATION エントリーしたい!

PAGETOP