PEOPLE 社員紹介

伊波 亮
2014年中途入社
システムパートナー1課
伊波 亮 RYO IHA

伊波 亮

2014年中途入社
システムパートナー1課
伊波 亮 RYO IHA

-どんなお仕事をされていますか?

コンサルティングを行う課の数字・行動を管理をしています。 既存クライアント様の悩みを解決したり、業務をより効率化するための提案をしている課なのですが、各メンバーのことを見るだけでなく、私も直接クライアント様とやりとりすることもあります。 主にいえらぶCLOUD内の連動や顧客管理という機能について対応していますよ。 醍醐味はやはりクライアント様の喜びの声を直接聞けることですね。いただいたご要望をもとにして、商品の機能が改修されたことを伝えた際に「ありがとう」と言われるとこちらまで嬉しくなりますよ。その喜びの声を内勤の方々に伝えるのも私たちの役目でもあります。 正直な話、厳しい声をいただくこともありますが、凹むのではなく「どう改善していくか」に頭を使うようにしています。弊社に期待しているからこそ、おっしゃっていただけていると思うので、そういった声も大切にしています。

スタッフ画像

-これまでのお仕事で印象に残っている出来事を教えてください。

社内システムの改修プロジェクトに入社1年未満の段階で参加させていただいたことです。 業務上でExcel管理していたものを社内システムに組み込み、業務手配をしていた各部署の作業の効率化を図ることができました。 私はシステムを組める訳ではないので、主に仕様を考える部分に入らせてもらいました。 その後にチームを任せてもらえるようにもなったので、いえらぶの中での転機になる出来事だったと思います。 初プロジェクトということもあり、進め方もよく分からず、壁にぶち当たることも多かったですが、その分自らに負荷がかかり、力をつけることができた出来事でした。 最初は「自分に出来るかな」と不安でしたが、間違いなくやって良かったです。 目の前に転がってきたチャンスは積極的に挑戦した方がいいですね。

-ご自身の経験を踏まえて、学生の皆さんにアドバイスをお願いします。

挑戦あるのみ!選択肢は「やる」か「絶対やる」かです。何か新しいことを始めたり、挑戦する際に不安になる気持ちは分かります。私もどちらかと言うと心配症なので考え込んでしまうことが多いのですが、正直考える時間は無駄です。考え込むと「やらない理由」が色々浮かんできて、結局やらないと思うんですよね。それはすごくもったいない。なので、考える前に動き出してしまった方がいいです。そうすると不思議と「どうしたらできるか」の方向に思考が働くようになります。挑戦して行動している人には周りも協力してくれますしね。結局のところ、成功するかどうかはやってみないと分かりません。大成功するかもしれませんし、例え失敗したとしてもやった分だけの経験が残ります。しかし、そもそも何もやらなかったら何も残りません。勇気を出してまずは挑戦してみましょう!

PAGETOP