service

いえらぶGROUPは創業以来、「住」を軸に事業を広げてまいりました。
「住」業界はとても市場規模が大きく、例えば日本にはコンビニエンスストアの数が50,000店舗に対して、
不動産業者の数は倍以上の120,000と言われています。
また何と言っても、住まい探しは私たちの人生にとって大きな決断の一つです。
そんな影響力がとても強いこの業界に私たちは今までもこれからも私たちのITサービスを提供していきます。

事業内容

IT×住のトップランナー

勘違いされやすいですが、不動産会社の取り扱っている商品は物件ではありません。
売買においても直接家を売るのではなく、物件情報を流して売手買手をマッチングさせるわけで、つまり商品は「情報」です。

だからこそ、不動産業界は情報を扱う産業、つまりIT産業の側面も持ちあわせています。
そんな不動産業界ですが、私たちが事業を始めた2007年時点では決してIT化が進んでいたとは言えません。
むしろどの業界よりもIT化が遅い業界だったと言えます。

そんな未開拓であった当時の状況から、私たちは「IT×住」の重要性を業界の方々に語り続け、不動産業界のIT化を進めてきました。
そのおかげか新規参入の会社も出てきて、今この業界はとても活性化していますが、
私たちは「IT×住」のトップランナーとして、さらに住業界を盛り上げていきます。

Contents of business

いえらぶ琉球がやっていること

  • クラウドサービス

    クラウドサービス

    集客から制作までをワンストップで徹底サポートする、不動産業務支援の総合パッケージシステム「いえらぶCLOUD」は、ホームページ制作からSEO対策、ポータル掲載、物件管理システム、追客支援機能など、すべてが一つになった業務効率化システムです。

  • ホームページ制作

    ホームページ制作

    SEOに強いだけでなく、ユーザビリティの高いデザインを施したサイトを制作します。不動産専門で培ってきた経験とノウハウで、単なる反響獲得ではなく、売上に繋がる自社サイトを制作致します。作成後のホスティング、管理運用にも対応致します。

  • WEBコンサルティング

    WEBコンサルティング

    ホームページ作成後の運用・改善を徹底サポートするコンサルティング。制作して終わりではなく、ウェブの強みを生かしたデータ解析で、第二の店舗であるホームページをしっかりメンテナンスし、ウェブからの集客・成約をアシストします。

いえらぶは
住業界で働く人を応援します

そんな私達がどうやってIT化を進めてきたかと言うと、従来紙で住の情報を管理していたものに対して、
CLOUD型のデータベースを用いて、データで管理できるようにしたのが始まりです。

まずCLOUD型を用いたことによって、IT化による著しいコスト削減が可能となり、
中小の不動産会社様でもIT化を実現できるようにしました。
また私たちのデータベース内で情報管理をすることによって、不動産会社様の日常業務を大幅にラクにしてあげることができます。

例えば、ホームページ作成やSUUMO・HOME'Sなどのポータルサイトとの広告連動など集客面の効率化もできますし、
チラシや間取り図の作成、入出金やお客様情報の管理など事務的なお仕事の負担軽減もできます。

つまり、私たちのサービスは、
住業界の人たちが気持ちよく働ける環境をつくるためのものと言っても過言ではありません。

いえらぶCLOUD

急成長を支える仕組みはビジネスモデルにあり。

私たちのビジネスモデルはストックモデルと呼ばれるものです。

ストックモデルは、携帯電話やインフラのビジネスモデルが該当するように、
一度契約したらそこから必要な限り毎月一定の金額をいただけるビジネスモデルです。

私たちの場合はいえらぶCLOUDに対して、毎月ご契約している不動産会社から月額5万円いただく形をとっているので、
景気などの影響を受けやすいフロー型に比べて安定しているといえます。

ただストックモデルは安定運用するまでが大変でなかなか成功しづらいモデルです。
いえらぶGROUPはそのストックモデルをこの短期間で実現し、創業以来無借金で経営を続けています。

ビジネスモデル

進む「住のGoogle」プロジェクト!

おかげさまで当社もこの業界では首都圏・関西圏を中心に国内NO1のクラウドサービスに育ってきました。
ただ目指すはもっと先です。国内の住情報を集めきることはもちろん、当社はすでにベトナムなど海外進出も果たしており、
最終的にはいえらぶCLOUDをまだ日本には見られない「世界標準のITサービス」に育て上げたいと考えています。
また私たちの強みは住まいや暮らしにかかわる独自のビッグデータとマーケットをもちあわせていることです。
今後はそれらを活かして、さらなる展開を進めていきます。
例えば、通信、引っ越しや家具・インテリアなどを結びつける商社のような事業展開、
住業界専門の人材事業はすでに手掛けています。
住まいや暮らしは他業界とのシナジーが生みやすく、さらに保険や金融といった分野でも新たな事業展開を始めます。
そして、これらを通じて私たちが世の中にしたいことは、安心安全の住まい探しができる環境づくりです。
今まで不動産業界は価値ある情報をクローズドな環境下でやりとりしてきました。
その弊害として囲い込みやおとり物件などの悪しき慣習も残念ながらあります。
だから、住まい探しで失敗してしまった人もいるはずです。そんな状況をIT化によりオープンな環境にすることで、
正しくきれいな情報を世の中に流通させ、住まいを探す人がみんな幸せになれる社会をつくられればと真剣に考えています。